FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDSMイベント:ABODE

2009.12.10.Thu
このナイトクラブ、昔はもっとハードコアで、ほんとにそこらじゅうで鞭打たれたり
針刺されたり、サランラップでくるまれたりしていたのだが、

最近はハードコアな客だけからだと経営が難しいらしく、このSMナイトの週にあっても
みんなお酒をのんでしゃべっているだけで終わるということもめずらしくない。

私も自分のパドル(3種類:写真あり)を片手にいろいろな人に話しかけようとするのだが、
難しい限りだ。
128130111_9faddfa4c2.jpg

このABODEにおいては、私は何度もみんなの前で丸出しのお尻を叩かれているが、
毎回うまくいくわけではなかった。

成功した例としては、このSMイベントにはだいたいプロの女王様がこられるので(クラブにゲストとしてやとわれるのだろう)、素直にプレイがしたいと丁寧におねがいすれば、
女王様の練習台につかっていただけることもある。

この日はサビーナ女王様という結構顔なじみの女王様がおいでだった。
この方は結構気さくな方で私の女装をいつもほめてくれ、
けっこうかわいがってもらっていた。
2972815818_e87384bed0.jpg

この日も久しぶりにあったということで、少し世間話をしたあと、
OTKでお尻叩きのお仕置きを受けることになった。

サビーナ女王様はラテン・中南米系のお方のようで、結構エキゾチックな顔立ちとプロポーションをしていらっしゃる。いつもイタリア人の奴隷のかたをつれて遊びにこられる。

いつものことだが、みんなの前でお尻叩きをされるのはすごく恥ずかしい。

サビーナ女王様からお説教をうけ、ドレス(女装してるので)をまくりあげられ、パンツをさげられる。
手でぴしゃぴしゃと叩かれ、なぜられる。

ギャラリーがあつまってくる。このクラブのギャラリーはいやみな感じでないから
そんなにきにならない。

なぜかみんなの前で叩かれているせいか、それともよりリアリティが増すからか、
相当興奮する。

つづく


スパンキングリアル日記

2009.12.07.Mon
最近仕事と趣味(Spanker探し)のバランスが取れていませんでして、ぜんぜんブログもアップできずにいた。。

でもここ数ヶ月で体験したことをひとつづつ書いていこうとおもう。
現在はまだメルボルンにいるので、ここで地道に理想のスパンキングを求めてこつこつ
ナイトクラブ、SMクラブ、などに行っている。

89323522_2d6f3f8d39.jpg


8月某日:メルボルンのABODEにて:フェティッシュイベント

そのナイトクラブは、メルボルンから車で10分くらいのところにある。

内には思いっきりSMの道具などがおいてあり、いかにもSMナイトクラブだ。
だれでも入れるわけでなく、一応ドレスコードなどがある。

クラブの雰囲気を保つための努力がうかがえ、女の人も楽しめるようなイベントがおこなわれている。
結構男女のバランスのとれたフェティッシュクラブで、よくありがちな
中年のヘルスエンジェルズみたいなこわそうなおじさんなどはあまりいない。

SMをファッションとしてみている女の人も気軽にくるし、
ダンスミュージックを中心としたDJ,パフォーマンスもレベルがたかい。
89323537_75960fb781.jpg

ショーなども催されており、チェーンソーから火花が出るショーなどがある。

毎週末ちがったテーマのイベントが開催されている。あるときはレズイベント、
あるときはダンス中心イベントといったようにだ。

そして毎月最終週になると、SMプレイのイベントがおこなわれる。
この週は9時から12時まではフロアがSMプレイのために開放され、
そこらじゅうにある備品(檻、乗馬ベンチ、医療器具、鞭)などを使って
自由にSMプレイをしてよい。

しかも9時から10時の間にだけ入場でき、それ以外の時間には入場できない。
この週のときには、少しハードコアなSMマニアが集まる。

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。