FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕置き初体験

2009.07.15.Wed
さてさて、昨日の続きです。

美人の有閑マダムの車につれられて、私のお仕置き初体験の夢は膨らむばかりですた。

妄想は18年の間ふくらみにふくらみ続けていましたから。。

どんなに恥ずかしいのだろうかとか、どんなに気持ちいいのだろうかとか。。

車を走らせている間、そのおばさんはいろいろ僕にお話をきかせてくれました。

・自分が医者の妻であること
・若い子を普段から食べているということ。
・たまにしばってみたりして遊んでいるということ。

その時は、僕はまだこの人が僕が満足すままでお尻を滅多打ちにしてくれるとばかり思っていて、
しかられるときのタイミングとか、そういうのもしっかりしてくれると思っていました。

l5.jpg

こんな風にお尻をかばった手を押さえて無防備な状態にしてくれるとか。。。

ホテルについて、まずこの女の人は僕を柱に縛りつけました。

そして、普通にエッチなことをし始めました。

僕は、お尻たたきがしてほしかったので、いくのを我慢して、ずっと耐えていました。
とうとう、僕があんまりやる気がなかったのに痺れをきらして、

僕をベッドの上に四つんばいにして、お尻を手で叩いてきました。

そして自分でイクように命じられ、終わりました。

結局、初めてのお仕置きの体験談は、夢の中に消えました。
これでは自分が妄想していたものとそうとう違うぞと納得がいかず、

また次にお仕置きしてくれる女性とあったときは、ちゃんと説明しないとだめだ
ということがよくわかりました。

そう、お仕置きの妄想は、自分だけの特殊な世界で、普通の人は考えたこともない世界だったというのがよくわかりました。

ひざの上に四つんばいにしてもらって叩かれたいとかいっても
相手にはピンとこなかったようだし。。


spk4.jpg

こんな風に理想のお仕置きをされるのはいつになるのであろうか。。。

そういうことを思っていました。

まだSMクラブなんてのも知らなかったときです。

まだ、インターネットなどもない時代で
本物のお仕置き動画などしらない時でした。。。。

これが、私のお尻たたき(叩かれ)の旅の第一歩となったのでありました。

つづく。
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。